October 23rd, 2011

高橋ブランカのブログ

いくらなんでも、まだ日本語のブログを持たないなんて!いくら尻が重いといっても、日本に来てから二年も経ったし・・・いくらインターネットのことがあまり分からないといっても、ブログ(アンドツィッター)を作る方法を調べなければ、何も始まらない。
さっきこう自分に言い聞かせた:新しいブログを作るよりも、書きなれたところで日本語で書けば?!すばらしい発想じゃないですか?!さっそくやってみることにした。(うまくいくかなぁ?・・)
それでは、ベルトをお締め下さい ― 間もなく離陸致します!

おとといは「Saravah 東京」で一人芝居をしました。例の「日々・すこしばかり単純に描かれたある女性の人生」
二か月ぐらい準備をして、なんとか、無事に終えたと思います。これで三回目でした。まだまだ成長の余裕がありますが、去年よりは明らかにいい舞台でした。薄暗いオーディエンスの中できらきらしているゆう・じゅうさんの目を見ながら、「大丈夫だ!いけそう!」と思ていました。大竹さんも応援して下さって、本当に心強かった。芳美さんだって、本番がその日に見た「日々」が三度目だったのに、ちゃんと最後までいてくれました。そして、来ると知らなかった堀井さん、アーニャちゃんと初対面のスヴェータちゃんの顔を見たら、もう少しで「きゃ~、嬉しいぃ!」と言いそうになった!みなさん、本当にありがとう!

そろそろロシア語で何かを書かないと、ロシア人の友達が「ブランカはどうかしている!」と思うようになる。もっとも、これは実験で、こんなに長話にする予定ではなかった。よかったら、時々立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

Нет, я не тронулась разумом, всё вышенаписанное - сделано осознанно. Вот в чём дело: новые знакомые (японцы) всё чаще спрашивают адрес моего блога, а его у меня на японском языке, почему-то (не почему-то, а в силу врождённой лени) пока нет. И сегодня я твёрдо решила создать его. Но для этого нужно (я так предполагаю) совершить определённую разведывательную деятельность, а только что упомянутая лень... ну, вы понимаете. И тут меня осенило: а почему бы просто напросто в привычном, уже имеющемся, месте, не писать на японском?! И вот сейчас посмотрим была ли это гениальная идея, или в итоге весь текст - и японский и русский - превратится в вопросики и иные знаки препинания, и никто ничего не прочтёт.


Нажимаю на "отправить"...